福岡銀行住宅ローン

福岡銀行住宅ローンの金利にはどんなタイプがある?金利が低いのは?

こちらでは、

 

福岡銀行の住宅ローンのローン金利タイプについてご紹介したいと思います。

 

福岡銀行が独自に提供している住宅ローンの金利タイプは大きく分けて、下記の3種類です。

 

1 変動金利型

 

変動金利型では、年2回(4月1日および10月1日)金利の見直しを行い、原則として、7月および翌年1月の返済分から新利率が適用されます。

 

変動金利型といいながら、金利に変動があった場合でも5年間は返済額が変わりません。金利の状況に応じて、返済額の中から元金に対する返済分と利息に対する返済分が調整されます。5年毎の金利見直しに合わせて、返済額が見直されます。

 

その際、金利が大きく上昇していた場合でも、新しい返済額は以前の返済額の1.25倍を上限とします。

 

これらの措置は、金利が急激に上昇したとしても、月々の返済額が変わらない、あるいは、緩やかにしか上昇しない、という状況になりますので、比較的安定した住宅ローンの返済計画が立てられるものと思われます。

 

しかし、支払っている金利と実際の金利が大きく乖離した場合、月々の返済金額が利息分に満たない、いわゆる未払い利息が発生する状態が起こりえますので、注意が必要です。

 

住宅ローンの最終返済回に住宅ローンの残高が残っている場合には、一括して返済しなければなりません。

 

金利変動のリスクはありますが、他の金利タイプに比べて一般的には最も低い金利になっていますので、特に実質ゼロ金利が継続している昨今では、人気の金利タイプです。

 

2 固定金利型

 

固定金利型では、2年,3年,5年,10年の中から固定期間を選択できます。

 

固定金利期間は、基準金利がどのように変化しようとも、金利の見直しはありません。

 

従って、前述の変動金利型で未払い利息が発生するような事態は固定金利型ではおこりません。

 

固定金利期間中は、他の金利タイプに変更することはできませんが、固定金利期間が終了するタイミングで、改めて固定金利型(この場合、固定期間を変えることもできます)や変動金利型へ変更することができます。

 

3 全期間固定金利型

 

全期間固定金利型では、住宅ローンの返済が終了するまで、金利は固定されたまま変化しません。

 

仮に、住宅ローン金利が急激に上昇したとしても、月々の返済額には全く影響しませんし、当然未払い利息も起こりえません。

 

住宅ローンを組んだ時点で、繰り上げ返済などを行わなければ、住宅ローンの返済全体で支払う利息が確定します。従って、住宅ローンの返済計画が立てやすいというメリットがあります。

 

現在の実質ゼロ金利がいつまでの続くわけではないと考える人も多く、金利が安いうちに全期間固定金利型にしておくという考え方もあり、根強い人気がある金利タイプです。



住宅ローンのお役立ちサイト集

※ 2013年末で期限が切れる予定だった住宅ローン減税ですが、さらに4年間延長されることが決定しました!また、2014年4月以降は消費税が上がるためそれに伴って控除額の引き上げが行われ年間最大40万円まで控除が受けられます。(所得税額よりも控除額が多い場合は住民税の控除もあります。)
住宅ローン減税手続き方法は?確定申告書類!【2017年控除額】
住宅ローン減税は自分から確定申告をしないと控除が受けられません。この点は非常に重要なのでしっかりと確認しておいてください。確定申告は年に1度しかできませんから、計画を立てて住宅ローン減税について調べておくことが大事になります。特に現在は消費税増税の対策としてさらに減税が拡充されています。ですから、住宅ローン減税手続きを行っていないとかなり損をすることになるわけです。まずは情報サイトをよく読んで減税について調べることからはじめましょう。