福岡銀行住宅ローン

福岡銀行住宅ローンの借り換えと住み替えはどんな人が得をする?

こちらでは、福岡銀行の住宅ローンについて、借り換え住宅ローンと住み替え住宅ローンをご紹介したいと思います。

 

 

【住宅ローンの借り換え】

 

ある金融機関で住宅ローンを返済している場合に、別の金融機関で住宅ローンの残高や諸費用分を新たに借りる契約をして、融資された金額で前の住宅ローンを返済することを、住宅ローンの借り換えといいます。

 

新たに住宅ローンを契約するわけですから、ローンに関連する諸費用をもう一度支払わなければなりません。

 

一般に、住宅ローンの残高が1000万円以上,残り支払い期間が10年以上,金利差が年1%以上なら、そのまま住宅ローンを支払い続けるより、諸費用を支払ってでも住宅ローンを借り換えたほうが総支払額が低くなるといわれています。

 

 

福岡銀行では、「住宅ローンお借換えのシミュレーション」で必要事項を入力することで、住宅ローンを借り換えた場合のシミュレーションを行うことができます。

 

実質ゼロ金利時代に突入した際、住宅ローン金利も大きく下がりました。そのような低金利状態がいつまでも続くわけはないと、フラット35などの長期固定金利型の住宅ローンが人気の時代がありました。

 

その後、住宅ローン金利が上昇するわけではなく、低金利が続いている状況ですから、住宅ローンを借り換えたほうが金利が有利になる場合も多くあります。

 

また、フラット35では、団体信用生命保険の保険料を自分で負担しなければなりませんが、福岡銀行の住宅ローンでは、保険料を銀行が負担してくれますので、より有利になる場合が考えられます。

 

 

【住み替えに対応した住宅ローン】

 

住宅ローンを返済中に、様々な理由で別の住宅へ住み替える場合、住宅ローンはどのようになるのでしょうか?

 

 売却する住宅の価格が住宅ローンの残高と比べて同程度以上であれば、さほど問題はありません。住宅を売却した価格で住宅ローンを完済することができますので、住み替える住宅に対して、新たな住宅ローンを組めばいいということになります。

 

逆に、売却する住宅の価格がローン残高よりも低い場合には、差額分を用意しないと、抵当権が設定されている住宅を売却することができません。

 

 

福岡銀行の住宅ローンでは、住み替えを対象とした場合、住宅の含み損を1000万円までカバーしてくれます。

 

但し、住み替え住宅ローンの利用条件として、年収が500万円以上かつ、同一勤務先に3年以上勤務しているという、通常の住宅ローンよりも厳しい制限が課せられています。

 

また、住宅ローンを5年以上返済している実績があり、直近6ヶ月の間に延滞していないという条件もあります。また、借り換え時の年齢が30歳以上66歳未満である必要があります。


住宅ローン借り換えの参考にさせてもらったサイト